好きな舞台に出会いたい

ishinha.com演劇だったら維新派さんが好きです。好きでした。でも昨年、松本雄吉さんがお亡くなりになり解散が決まっています。本当に悲しい。もっと舞台を見たかったし、もっと頑張って観に行けばよかった。

このままだと舞台を観に行くこと自体なくなってしまいそうなので、新規開拓をしたいという本当に個人的なブクマ。少しずつ増やしたり、書くことが増えたらいいな。

 

演劇実験室◉万有引力

身毒丸の公演で惚れたので、これから見ていきたい劇団筆頭。寺山修司天井桟敷は有名だけれど、その流れを汲んでいる劇団があるとは最近まで知りませんでした。J.A.シーザー氏といえばウテナだと思っていたくらい。

 

lowotarvoga.net

SHIBUYA TSUTAYAで、演劇の特集コーナーがあった時に覚えました。wikiを見ていたら維新派と接点があったみたいで、気になるのも自明だった。2017年で20周年。一度生で見てみたいなあ。きっと好きだ。

 

www.suizokukangekijou.com

ヨコトリから知りました。面白そう。見に行けるといいな。

 

珍しいキノコ舞踊団
珍しいキノコ舞踊団 facebook

最新情報はfacebookを見るのが良さげ。演劇ではないけれど舞台くくりで。ダンスでお名前がすぐに出るのは、珍しいキノコ舞踏団さんと勅使河原三郎さん、それとこの間映画でセルゲイ・ポルーニン氏を覚えたくらいなので、全然だなあ。

 

身体で表現するということはすごいことだと思うので、演劇や舞踏や、舞台への興味は失わないでいたいです。

都内の面白い物件に住みたい

記事の形でリンクをまとめておくと、ブクマが整理されるしすごく便利だということに気がついてしまった。もう誰かがまとめていることも多いけど、見てるうちに「このまとめにここが入ってたら完璧なのに」とか「ここは興味ない…」とかいうことが絶対にあるもので。

 

というわけで今回はデザイナーズ賃貸。かっこいい家に住みたい。リノベーションときめく。間取りが大好き。間取りの本もたのしい。物件サイトを見てると実際になんだこの間取り…と思うことも時々ある。時間を忘れます。

 

www.realtokyoestate.co.jp

東京だけでなく、金沢、福岡、山形、大阪、鹿児島、神戸、京都、稲村ガ崎、さらには公共R不動産(公共空間の物件情報。学校だったり基地だったり)、団地R不動産(なつかしの団地もいいですよね)など展開も広い。

 

www.r-store.jp

おしゃれで個性的な賃貸住宅だけをセレクトして紹介するウェブサイト。泊まれる本屋として話題の「BOOK AND BED」も展開。街のあれこれを紹介するTOWN naviもあって、街を知るのも楽しい。

 

www.goodrooms.jp

ヴィレッジヴァンガードによる、ヴィレッジ不動産からリニューアル。自社オリジナルのリノベーション物件「TOMOS」もお洒落。過去には「同棲解消ホケン」(同棲解消をした場合、最大10万円)なんて企画をやってたりして面白い。

 

tokyo-style.cc

サイトのデザインや検索性はあんまりよくないけど、他では見たことないような物件もあるのがポイント。ラブホや靴工場からのオリジナルリノベーション物件など。

 

www.renov-depart.jp

物件の探し方が特徴的。デザインのタイプ(オリジナル、ワイルド、カフェ、自然派etc)からだったり、勤務先の駅から通勤時間で検索できたり。

 

www.early-age.co.jp

他にはない、ミニマムに振り切ったデザイナーズ賃貸で話題になったアールエイジさん。個人的にはアリだし、そこまでミニマムばかりでもない。どちらかというとメンズライクな、かっこいい系デザイナーズに強い。

 

www.t-p-o.com

「建築家が設計した美しい建物を取り扱っています」という拘り。建築家のピックアップもあるので読み物としても楽しめます。物件に対して設計者のコメントがついていることもあるので、自分でリノベーションしたくなった時にも参考になるかも。

 

www.social-apartment.com

賃貸ではなくシェアハウスという選択肢。ソーシャルアパートメントは設備が整っているし、掃除が持ち回りではなく業者を入れるなど、シェアハウスと賃貸といいとこ取りができると思う。前に入居したことあるけれど、その時には忙しすぎて全く活用できなくて、もう一回入居してみたいという願望が。活用しきれたら絶対楽しい。

 

 

最後に一つ、物件を嗜むサイトを。東京だけでなく全国が対象、色々なサイトから面白い物件をセレクトして紹介しています。住もうと思うと自分の地域しか見ないからね。

bukkenfan.jp

rip FFFFOUND!

閉鎖されていたことに今頃気が付きました。先鋭的なPinterestとでもいうべきか、デザインやアートに特化していた場所でした。海外のものが多かったから、知ってるものよりも知らないものがずっと多くて面白かった。長い間イマジネーションをありがとう。

f:id:nojicot:20170721173112p:plain

input.output 06-07

インプットとアウトプットを可視化して意識するには?という試行錯誤中。6月末につけてみたリストはこんなところ。

f:id:nojicot:20170714133551j:plain

入れてないけど、国立西洋美術館アルチンボルド展も行きたい(9/24まで)。あああサイトかっこいいなこれ…

arcimboldo2017.jp

 

映画は8月公開の方が気になってるのが多いかも。とりあえず「メアリと魔女の花」は早々に観に行きたいと思ってる。

www.maryflower.jp

 

 

ちなみに先月はこんな感じ。先月は海外ドラマにはまっていて、そこらへんをどう反映させようかは保留。パーソンオブインタレストの3rdシーズンを見直して、4thシーズンを見切りました。映画はできれば映画館で観たいので、映画館で見たものだけ。

f:id:nojicot:20170714133609j:plain

デザイナーの求人の探し方

(2017/8/11更新)

アラサーをはみだしつつある、経験7年目のグラフィックデザイナーをしています。印刷物がメインだけど、最近はせっせとWebも勉強中。レスポンシブ難しい。

 

ところでグラフィックデザイナーもしくはグラフィックデザイナーになりたい皆様、どこで求人情報を見ていますか?

求人サイトでなんて見ないよ、いい仕事をしていったら人伝でとか、独立してとか。そういうのが理想的な職種だとは思うのだけど、私は正直そこまでいっていない。

というわけで、転職を意識したらもちろん、なくても趣味のようにときどき見てしまうのだけど、新しく面白そうなところを見かけたので自分用も兼ねてまとめてみます。

あ、今までデザイナーとしてガツガツ徹夜で仕事してきたぜ!スキル自信あるぜ!っていうひとは、どうぞエージェントを利用したほうがいいんじゃないかな。たぶんね。私はデザイン系転職エージェント、あんましいい思い出がないんだけど。

 

artdesignjobs.bijutsu.press

jobs.japandesign.ne.jp

東京でデザイン系のお仕事を直接応募で探すなら、まずこの2つ。クオリティが高いところが多く、有名どころの事務所もよく求人を出してる。ただ履歴書やポートフォリオを郵送してね☆って求人の出し方をしているところが多いので、その分ややハードルが高い……分、選別されてるんじゃないかなあ。たぶん。

 

job.cinra.net

CINRAさんは上とまとめようかなと思ったんだけど、サイトから応募できるのと、よりWeb系の求人に強いところがポイント。福利厚生を推してるのも面白いよね。あと最近エージェントが出来たの、気になってます。

 

www.find-job.net

Web寄り。あとゲーム系も比較的見かける。ここは個性がないのが個性って気がする。

 

www.moreworks.jp

デジタル寄りならこのあたりも。サイトがオシャレだ。最近知りました。

 

www.wantedly.com

最近ちょっと触ってみて思うのは、思ったより楽に「話を聞きに行きたい」が成立するっていうことです。面接というより、人に会いに行くって気持ちでいけるのはよいところ。facebookに連携させろっていうのは好きじゃないけども。facebookが!苦手なので!(はいはい)これからデザインを入れていきたいっていうところがやや多くて、WebやUIデザイナーの募集が多め。

 

shigoto100.com

個人的に大好き日本仕事百貨。デザイン関連の求人もあるけど、全体から見たら2割か3割くらいかも。でも、実際に手を動かすことではなくて意識の面での「デザイン」を仕事にしていきたい人なら、その割合はきっともっと多い。メリットだけじゃなくてデメリットも書いてくれて、しかも読み物として素直に読めるから「ここに載るとしたらこの会社はどう載るんだろう」って思うのは自分の1つの指標かも。

 

www.turns.jp

「移住」「田舎暮らし」にフォーカスしたサイト。求人も地域おこし協力隊あたりが多い。デザインスキルってどこに行っても活かせると思うんだけど、実際に行くところまではなかなか。

 

www.shigoto-ryokou.com

今さっき見つけて面白いなと思ったところ。え?転職はどうしたって?一応転職情報もあるある…けど「インターンを募集しています」という形。まあいいじゃん、転職ってこの先どう生きるかだから、視野を変えるのも大事大事。

 

bau-s.jp

フリーマガジンPARTNERや展覧会THE SIXのモーフィングが作ったプラットフォーム。単発の仕事もあり、転職もあり。ただ、自分の応募したい職種の求人があるかはだいぶ狭いかも。まだまだこれからな感じがあるので、チェックしていきたい。

 

hellolife.jp

関西在住だったら利用してみたかった。体験レポがあったら読んでみたいなー。「ひとりで戦わない」仕事探しとか言われるとそわってなってしまう。新卒の就活、ひとりで戦ってる感じがして嫌いだったなあ。

 

 

 

マイナビリクナビ、広告転職も一応見てるんだけど、利用してる人が多いと思うので割愛。あそこ見てないの?っていういい情報があったらこっそり教えていただけると喜びます!